london

大英図書館編
BRITISH LIBRARY

大英博物館から図書の部分を移転してあたらしくオープンした大英図書館。
セントパンクラス駅のすぐ横に、こんなにモダンで大きな図書館がそびえ建っていました。
ロンドンを離れる最終日の、ぎりぎり1時間半を使って、
手書き聖書(マニュスクリプト)の部分だけを、駆け足で見てきました。
大英図書館
大英図書館

大英図書館 大英図書館
マニュスクリプトが収められいる展示室。
・・・・なんか臭い・・・・
なんの臭いかわからないけど、
顔をしかめるほど、部屋に変な臭いが・・・。
今まで嗅いだことのない臭いでした。
なんの臭いだったんだろう・・・。
同じく展示室。とてもモダンにつくられています。
この左の透明なボード、欲しい!!
小さく作ってお土産に売ってほしかった!
大英図書館 大英図書館
わかりずらいと思いますが、
文字が紙に書かれるようになるまでの歴史です。
ガラスの中にあったオブジェ。
本の上に筆やら絵の具やらペンやら活字やら、
いろんなものがうめこまれていて、
それが全部真っ白に塗りこまれています。

部屋がl暗く、書籍が斜めに展示されていて、覆い被さるようにしないと、
真正面から見ることができないため、写真を撮るのも大変。
もちろんフラッシュなんてたけないし、第一写真も撮っていいものか・・・。
でも、大英博物館にあったときは、フラッシュたかなければ、撮影は大丈夫だったんですよ。
だからここでも「きっと大丈夫だ!」と、勝手に判断して(聞いてだめだったら写せないですからね)、
こっそり撮ってきました。

もっと撮りたかったけど、状況が状況だったので、これが精一杯。
でもこの美しさ、わかってもらえますか?

マニュスクリプト マニュスクリプト
マニュスクリプト マニュスクリプト

だいたい1400年ごろの、イギリスのラテン語聖書です。
すみません、説明文を撮影したのですが、焦っていて一部しか写っていなくて・・・。

せっかくリーディングルームの入館許可パスを持っていたのに、
日本においてきてしまった・・・。
リーディングルームに入りたかったなあ。

日記のトップへ

ホームページにもどる